大阪の美容整形で「こめかみ手術」

美容整形は魔法ではありません

こめかみ手術とは

こめかみをはじめとする輪郭の悩みを解消するためのこめかみ手術の案内。手術料金、Q&Aなど。適正価格で納得の輪郭修正手術が東京、大阪で受けられる美容整形の案内。人気の小顔になるためのこめかみ手術のほか、輪郭手術全般について詳しくご紹介します。

こめかみの手術

年齢とともにくぼんでいくこめかみを、ふっくらさせたい。そんな方には、ご自分の余分な脂肪を使って治療できる方法があります。 脂肪注入は、ご自分の体内にある成分を用いるので、異物反応などももちろんありませんし、ごく自然な仕上がりを期待できるというメリットがあります。極細の注射針を用いて注入しますので、治療跡や傷みを最小限に抑えられ、ダウンタイムもありません。こめかみをふっくらさせることで、女性らしい柔らかな、優しい表情を演出することができます。

詳細はこちら

エラ手術とは

エラ手術とは、口腔内から下顎角を削り余分な骨部分を取り除く治療です。この手術をしたあとは、側面からのみでなく正面からも、はっきりとした「小顔効果」があります。

四角に張った下顎角(エラ)を理想のフェイスラインにするのに、ただ骨切りのみを行うと患者様によってはホホの弛みがでることがあります。そのため、いまではフェイスリフトの切開創から骨切りおよび咬筋除去を行い、同時にリフトを行うことが一般的になっています。手術は口の中や髪の毛で隠せる範囲で行うので、手術跡が目立つことはありません。

また、手術よりも手軽な方法として、ボトックス注射があります。ボトックスはシワ取り治療で用いられる薬で、タンパク質の一種になります。筋肉(表情筋)の動きを弱める作用があります。アレルギーや副作用の心配もなく、ハレや痛みもほとんどありませんし、注入時間はたったの2分程度という気軽に受けられる治療なのです。もちろん、術後はすぐにお化粧をしてお帰りいただけます。咬筋肥大が原因でエラが張っている人には効果的です。

エラの手術で小顔を実現

28才 エラ削り 術前および術後1年
スマスリフト併用によるフェイスリフト(ミニリフト)の切開創から下顎骨切りおよび咬筋除去を行う。

詳細はこちら

こめかみなどの輪郭手術とは

お顔の印象を左右する輪郭の重要な部分として、こめかみやエラ、アゴ、頬などがあります。メイクや髪型では隠せない顔の大きさの悩みも、注入による治療や手術によって解消することができます。また、多くの女性が憧れる「小顔」対策には、ホホ骨や張り出したエラをスッキリさせることで、憧れの美人顔になることができます。

輪郭手術は高度な技術を持った医師でなければできません。十分に経験を積んだ医師でなければ、術後の綺麗なフェイスラインを出すことは不可能です。大事なフェイスラインをつくる手術ですから、不明なことは納得のゆくまでカウンセリングを受けて下さい。

詳細はこちら

日本美容外科医師会認定医療機関

copyright (c) ゴールドマンクリニック All rights reseaved.